ダンベルカールの効果的に行うポイント

最短で筋肉をつける方法とは!?
“細い”ことがコンプレックス。それを克服しようと筋トレをがんばってはいるが、おもうように筋肉が付かない・・・そんなあなたに>>http://www.bulkup-manual.com/

ダンベルカールの悪い例

ダンベルカールは間違ったフォームで行うと、まったくと言っていいほど効果が無い。ここでは、よく初心者が犯してしまう間違いを取り上げ、正しいダンベルカールのやり方を説明します。

ダンベルカール

これが初心者がやってしまうダンベルカールの悪い例だ!

見れば分かると思いますが背中の反動を使い肘の軸がずれているのが分かると思います。

背中の反動を使いダンベルを持ち上げているので画像2枚目の時点で、やっと筋肉に負荷がかかり始めるのです。よって画像2枚目から3枚目の区間でしか筋肉のテンションを得ることが出来ていない。

これだとトップポジションからボトムポジションにかけ筋肉のテンション(緊張)保つことが出来ず効果は激減しているのです。

ダンベルカールの良い例

ダンベルカール

これが正しいフォームです。

背中の反動も使っていません。注目すべき点は肘の位置がほとんど変わっていません。

この正しいフォームで行うとトップポジションからボトムポジションにかけ上腕二頭筋をフルに筋肉をテンションさせる事ができ、しっかりと筋肉に負荷を与える事ができるのです。

スポンサードリンク

バルクアップマニュアル

もう「筋肉がつかない」なんて言わせない!筋肉発達の最強ノウハウ

信頼と実績プロテインならこれ!
信頼・実績、コスパにも優れた人気No.1のプロテインメーカー!

この価格で買えるのかっ!
トレーニング用品が安い!ダンベルからウェアまで豊富な品揃え

必ず見つかる筋トレ参考書!
驚くほど理解できる筋トレ参考書が勢ぞろい!!必見

DNS プロテイン
管理人愛用のプロテインメーカー!!

[PR] プロテイン