効果を上げる自重トレのポイント

最短で筋肉をつける方法とは!?
“細い”ことがコンプレックス。それを克服しようと筋トレをがんばってはいるが、おもうように筋肉が付かない・・・そんなあなたに>>http://www.bulkup-manual.com/

高レップで行う

自重トレの場合、レップ数は高レップで行うようにする。3ヶ月未満の初心者の場合は正しいフォームを身に付けるため10~15レップで行い、しっかりと正しいフォームを身に付ける。

インターバルを短くする

セット間のインターバルを30秒以内に短くする。

ゆっくりとした動作で行う

リズム良く速い動作でやるのではなく、ゆっくりとした動作で筋肉をしっかり収縮&緊張させるように行う。ゆっくりと行うことで、かなりハードになる。

常に変化をつける

毎週、同じメニューでは負荷の軽い自重負荷ではすぐに体が慣れてしまいます。1~2週間ペースでトレーニングメニューを変える様にし、常に筋肉に変化を与えることで筋肉の成長を促します。

頻度は多めにする

負荷が弱い自重トレは筋肉の回復もウェイトトレーニングに比べ、はるかに早い。そのためトレーニング頻度を多くして、休養を空け過ぎないようにする。最低でも週3回は行うようにしよう。

スポンサードリンク

バルクアップマニュアル

もう「筋肉がつかない」なんて言わせない!筋肉発達の最強ノウハウ

信頼と実績プロテインならこれ!
信頼・実績、コスパにも優れた人気No.1のプロテインメーカー!

この価格で買えるのかっ!
トレーニング用品が安い!ダンベルからウェアまで豊富な品揃え

必ず見つかる筋トレ参考書!
驚くほど理解できる筋トレ参考書が勢ぞろい!!必見

DNS プロテイン
管理人愛用のプロテインメーカー!!

[PR] プロテイン