自重トレで効果的なのはゆっくりとしたスピード

最短で筋肉をつける方法とは!?
“細い”ことがコンプレックス。それを克服しようと筋トレをがんばってはいるが、おもうように筋肉が付かない・・・そんなあなたに>>http://www.bulkup-manual.com/

自重トレは速いスピードで行うのはダメ!

まずここでは腕立て伏せ(プッシュアップ)を例として説明します。

筋肉自慢番組でタレントさんが回数を競うような腕立て伏せ(プッシュアップ)のことはキレイさっぱり忘れてほしい。

回数を競うようなスピードのついた腕立て伏せはトレーニング効果の大きなマイナスとなる。これではターゲットとなる部位を意識することができないばかりか、フォームが間違いなく崩れるため適切な負荷を掛けることができず、ターゲットとなる部位をしっかりと刺激することができない。

筋肉を刺激するためにはターゲット部位を意識しピンポイントで負荷を掛けることが重要。

その為にはゆっくりとしたスピードで行うことで、動作を通して正しいフォームが維持できるためターゲット部位をピンポイントで刺激することができる。 更に言えばゆっくりとしたスピードで行うことで負荷が強くなり、筋肉を刺激する効果が高くなる。

腕立て伏せで効果的なスピードとは

では、どのくらいのスピードで行えばよいのか?動作を通して4カウントで行おう。

・トップポジションからボトムポジションにかけ1カウント
・ボトムポジションで1カウント静止
・ボトムポジションからトップポジションにかけ1カウント
・トップポジションに戻ったときに1カウント静止しておこないます。

筋トレweb

フォームが崩れにくく正しいフォームで行える為、しっかりターゲットが刺激される

ターゲットとなる部位が、しっかりと刺激されていることが実感できるはずだ!!

ハードにトレーニングする場合(例:腕立て伏せ)

例を腕立て伏せで紹介します。

ハードにトレーニングを行いたい場合は動作を通して6カウントで行ってみよう。
かなりきついトレーニングになる!数セット行えば今までに無いパンプ感を得られるはずだ!

筋トレweb
・トップポジションからボトムポジションにかけ2カウント
・ボトムポジションで1カウント静止
・ボトムポジションからトップポジションにかけ2カウント
・トップポジションに戻ったときに1カウント静止しておこないます。

スポンサードリンク

バルクアップマニュアル

もう「筋肉がつかない」なんて言わせない!筋肉発達の最強ノウハウ

信頼と実績プロテインならこれ!
信頼・実績、コスパにも優れた人気No.1のプロテインメーカー!

この価格で買えるのかっ!
トレーニング用品が安い!ダンベルからウェアまで豊富な品揃え

必ず見つかる筋トレ参考書!
驚くほど理解できる筋トレ参考書が勢ぞろい!!必見

DNS プロテイン
管理人愛用のプロテインメーカー!!

[PR] プロテイン