筋トレ種目 ダンベルプレス

最短で筋肉をつける方法とは!?
“細い”ことがコンプレックス。それを克服しようと筋トレをがんばってはいるが、おもうように筋肉が付かない・・・そんなあなたに>>http://www.bulkup-manual.com/

ダンベルプレスのターゲットとなる筋肉部位

ターゲットとなる筋肉部位
POINT
筋肉部位 主動筋となる大胸筋を、しっかりと発達させることが出来る種目

・膝を曲げバランスをとる
・背中にアーチをつくる
・トップポジションで肘をロックさせない
・弧を描くようにダンベルを押し上げる
・息を吐きながらダンベルをあげる
・息を吸いながらダンベルをおろす

ダンベルプレスの動作のポイント1

ダンベルプレス ダンベルプレス
ダンベルを握り仰向けになります。バランスを取りやすくする為、膝を曲げます。
(バランスが取りづらい場合は両足を開いて下さい。)

顎を引き、背中(腰)に軽いアーチをつくります。アーチをつくることで胸をしっかり張ることができ、より大胸筋への刺激が強くなります。

ダンベルプレスの動作のポイント2

ダンベルプレス ダンベルプレス

息を吐きながら、ダンベルを押し上げます。

ダンベルを押し上げたトップポジションでは肘をロックしないように注意する!肘を伸ばしきってしまうと筋肉のテンション(緊張)が抜けてしまい効果が低下します。

ダンベルプレスのワンポイント

本来ダンベルプレスはフラットベンチに仰向けになり行う種目ですが、フラットベンチが無い場合でもこのやり方で行うことが出来ます。

フラットベンチで行うより肘が深く引くことが出来ない分、効果は低くなりますがフラットベンチで行うよりも高重量が扱え、怪我をしにくい事が大きなメリットです。

スポンサードリンク

バルクアップマニュアル

もう「筋肉がつかない」なんて言わせない!筋肉発達の最強ノウハウ

信頼と実績プロテインならこれ!
信頼・実績、コスパにも優れた人気No.1のプロテインメーカー!

この価格で買えるのかっ!
トレーニング用品が安い!ダンベルからウェアまで豊富な品揃え

必ず見つかる筋トレ参考書!
驚くほど理解できる筋トレ参考書が勢ぞろい!!必見

DNS プロテイン
管理人愛用のプロテインメーカー!!

[PR] プロテイン