筋トレ種目 ダンベルカール

最短で筋肉をつける方法とは!?
“細い”ことがコンプレックス。それを克服しようと筋トレをがんばってはいるが、おもうように筋肉が付かない・・・そんなあなたに>>http://www.bulkup-manual.com/

ダンベルカールのターゲットとなる筋肉部位

ターゲットとなる筋肉部位
POINT
筋肉部位 主動筋となる上腕二頭筋を、しっかりと発達させることが出来る種目

・両方同時に持ち上げる
・スタートポジションでは肘を軽く曲げておく
・重力に逆らいゆっくりダンベルをおろす
・息を吐きながらダンベルをあげる
・息を吸いながらダンベルをおろす

ダンベルカールの動作のポイント1

ダンベルカール ダンベルカール
肘を伸ばしきらず(軽く曲げておく)ダンベルを握ります。
椅子に座り脚を閉じます。(脚を開いていると動作中にダンベルが当たってしまいます。)

ダンベルカールの動作のポイント2

ダンベルカール ダンベルカール
息を吐きながら、ダンベルが肩の高さにくるよう弧を描くように持ち上げます。
ダンベルは片方ずつ持ち上げるのではなく両方同時に持ち上げます。

片方ずつで行うと一方を持ち上げている時に片方が休憩していることになるので、ダンベルが上がらなくなったら交互にダンベルを持ち上げるようにしましょう。

ダンベルを上げきった時、一瞬静止させるようにしましょう。
ダンベルを下ろす時は一気に下ろすのではなく重力に逆らいゆっくり下ろすようにします

息を吸いながら、スタートポジションに戻します。この動作を繰り返します。

ダンベルカールのワンポイント

立って行っても良いのですが、反動を使って持ち上げてしまう可能性が高い。座って行うことで極力体の反動を抑えることができ、効果的に二頭筋を刺激することができます。

スポンサードリンク

バルクアップマニュアル

もう「筋肉がつかない」なんて言わせない!筋肉発達の最強ノウハウ

信頼と実績プロテインならこれ!
信頼・実績、コスパにも優れた人気No.1のプロテインメーカー!

この価格で買えるのかっ!
トレーニング用品が安い!ダンベルからウェアまで豊富な品揃え

必ず見つかる筋トレ参考書!
驚くほど理解できる筋トレ参考書が勢ぞろい!!必見

DNS プロテイン
管理人愛用のプロテインメーカー!!

[PR] プロテイン